~買い物鳥撮り~
アプシーは、鳥を愛する者としてフィールドマナーを守って撮影したいと思います!「いつも鳥さんありがとう」を忘れません。※特別な場合を除き、鳥の餌付けに反対します!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミサゴ(初見初撮り)
朝は「今日も、ヤマセミィ~♪」
なんて思ってルンルンだった。
家を出たのが、7時過ぎで…きょうは、午前中から出かける事が出来た。本日も晴天なり~
川には誰もいなかった。まだ夜露で草が濡れていた。
薄手のジャンパーを着ていて丁度いい。
8950.jpg

この鳥さんは、首を右に左に動かすので(何ダンスだったか忘れたけど)
見ているとほんとに面白い。
_9000.jpg

たぶん、ミサゴだと思うけど、でっかいし川に飛び込む時は
迫力がある。

ヤマセミさんの森が近づくと
「うむ?何かいる…誰だろ(何の鳥)遠目でもかなり大きい。」
あっ、昨日私を驚かせたあの鳥さんだった。
早速パチパチ写真を撮ってから、ゆっくりと近づくと逃げてしまった。
テントを張る場所を考えていた時だった、
下流からヤマセミさん~
早すぎる~~~
もちろん、ヤマセミさんも私に気づき即座に飛んでいってしまった。
それからぐんぐんと気温が上がり、背中が暑かった。
堰の滝を流れる轟音だけが響く。何だか孤独だった…
やがて、太陽が背中から頬に移動したあたりで
ようやく重い腰を上げた。
時間は、4時を回っていた。
こんなにヤマセミさんを待つなんて自分でも信じられなかった。
あのミサゴさんは、ずぅ~~と高い木の上からあたりを見渡していた。
ヤマセミさんのポールにもやって来たから、
それで来なかったのかもしれないなぁ~~
まるで失恋したみたいに淋しい一日だった。
ヤマセミさんもカワセミさんも見ただけに終わった一日だった。

8987.jpg

遠いのに大きいせいか近くに感じた。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。