~買い物鳥撮り~
アプシーは、鳥を愛する者としてフィールドマナーを守って撮影したいと思います!「いつも鳥さんありがとう」を忘れません。※特別な場合を除き、鳥の餌付けに反対します!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月16日に出会ったアカショウビンさん
5月の若葉の季節
G町の山へ出かけた時の写真です。
この日、5月16日、山に向かっていると、若いバーダーさんに出会い、アカショウビンさんが
目の前にいるのを教えて頂きました。
まだやって来たばかりだったのでしょう。
DSC_3040.jpg
昨年は、会えなかったのでとても嬉しい出会いでした。
DSC_3081.jpg
オオルリさんは、♂二羽で鳴きあっていたので、縄張り争いだったのかも...
DSC_3090.jpg
若葉が綺麗でした。
DSC_3095_20120704120838.jpg
アカゲラさん
DSC_3096.jpg

DSC_3115.jpg
DSC_3142.jpg

DSC_3157_20120704120924.jpg
目が怖いカケスさん
DSC_3223.jpg

DSC_3232.jpg

DSC_3255.jpg
ここで無事営巣して欲しいと願いながら、山を後にしましたが
それから、ここにはズラリとカメラが並んだそうです。
人の事は言えない私ですが、この山からアカショウビンがいなくなるのではないかと
心配です。
鳥さんの事など一向にお構いなしのあるカメラマンがあちこち電話をし
人を呼び、鳥の側でも大声で話をし、結局アカショウビンさん達は、ここを離れたと
聞きました。
あれから2ヶ月近くになるけど、この子達が無事に子育てをしていれば...と
祈っています。

スポンサーサイト
アカショウビン
2008-05-08-0016-.jpg


五月八日、アカショウビンに会いました。
鳥撮りを始めて四年、やっとアカショウビンに会う事が出来ました。
その時は、突然やって来てとても不思議な興奮でした。

その日は、ハッピーで「今日のブログはアカショウビン~♪」と有頂天になってる自分がいました。
そしたら、友人から「ブログに載せたらダメよ。絶対にあなたは言ってしまうでしょ!
そんな事したら鳥さんが迷惑するだけで可哀そうでしょ!
どうして一人で楽しめないの?」
と止められてしまいました。
「それもそうだなぁ…自分には自信もないし…」そう思いました。

では、何故載せたのだ!?

ネットで調べるとそこにアカショウビンが来る事は周知の事実であるから…と言う理屈に許してもらうことにしました。


2008-05-08-0017-.jpg

暗い場所なのでピンボケだらけ・・・

それからしばらくして知り合いのMさんがアカショウビンを撮られました。
とても熱心な人ですから流石です。
そしていつもの様にいた場所を詳しく教えて下さり、そこにガムテープで目印を付けて帰られたとの事でした。
「明日は、ギャラリーが多いですよ~」と言われました。
それを聞いて私は思わず「鳥さんが可愛そう…」と応えました。
私の言葉に立腹されたのが会話の中から感じられました。
「自分は、一人でこっそり鳥さんを撮る様な人間ぢゃないです。何も取って食べる訳じゃないんだから、皆で楽しめばいいのでは?」などなど言われました。
それからその日の夕方
「あなたわ写真をする資格がないです。我が良ければいい鳥さんが可愛そうとゆうあなたわ最低。カメラを写すのを辞めてゆうのならばいいけどあなたわカメラをやめない限り鳥さんが可愛そうと言わないで!?みんなが楽しければいいのでわ
もう電話又メールを掛けないで迷惑だから」と言うメールが来ました。
やはり、ショックでした。
このメールを読んで泣き出してしまった自分がとても惨めで情けなくてたまりませんでした。
そして私には、鳥を撮る資格なんてほんとうにないような気がして来ました。
鳥さんが可哀想と言いながらその鳥にいつもいつもレンズを向けているのですから。

2008-05-08-0077-.jpg


親切なMさんからいろいろ情報をもらいながら、私の言った事は、矛盾してると思いました。
きっとMさんは、たくさんの人に鳥さんを見てもらって幸せになってもらいたいと言う気持ちでおられるのでしょう。

今冬にルリビタキがやって来た時、Mさんから連絡がありました。
そのルリビタキは、餌付けされていました。
そのやり方も教えて下さり、私も一度だけ実行したのです。
でも後で心が重くてそれを最後に止めました。
鳥を愛する者としてそれは、決してやってはいけない事。
そうまでして鳥の撮影をしたいと思った自分がいつの間にかどこか違う方向に向かっているような気がしました。
あの餌付けされたルリビタキを撮影させてもらっていた時、近くにいた人が
Mさんが、誰にもかれにも言うけぇ~と言って困った顔を私にされたのでした。
同じように思ってる人が他にも数人おられる事も分かりました。
でも誰一人としてMさんにそれを言う人はなく…(まあ、大人ですから当然ですが)
私だけがそれとなく言っていましたが、やはり、鳥撮りもひとそれぞれで、私の思い上がりでした。
その夜は、結局眠れなくて電話もメールも拒否されたのでお手紙を書いて次の日、届ける事にしました。不愉快にさせてしまった事は、素直に謝らなければ…と思いました。
でも…餌付け問題や数の減っている鳥たちの情報は控えてもらいたい事などはやはり伝えたいとも思いました。
ネットでその様なサイトを探して手紙と一緒に届けました。
さらに怒っておられるかもしれません。

2008-05-08-0028-.jpg


2008-05-08-0033-.jpg

同じような写真ばかりですけど・・・

2008-05-08-0043-.jpg


2008-05-08-0061-.jpg


私は今、凹んでしまってちょっと鬱みたいな気持ちでいます。
いつもブログには、気持ちを書かない様にしてるのだけど…
弱い自分を改めて思いました。
久しぶりに心が元気ではなくなってしまいました。






copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。