~買い物鳥撮り~
アプシーは、鳥を愛する者としてフィールドマナーを守って撮影したいと思います!「いつも鳥さんありがとう」を忘れません。※特別な場合を除き、鳥の餌付けに反対します!
200608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200610
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマセミ~♪
きょうも秋晴れのいいお天気だった。
早朝は、川の流れる音も清清しい…
「ヤマちゃん来てくれるかな~」と上流を見ると
「アチャ~またしてもミサゴが陣取ってる~~」
何だか嫌な予感…
テントの位置をちょっと変え準備を整え、暖かいお茶を飲んだ。
待つ事2時間と少し~ヤマセミさん登場です。
夢中で撮ってたけど、トビモノはどうにも見れません^_^;
またしてもミサゴが現れてヤマちゃんは、どこかに消えました~
撮れた写真も水色のポールで絵にならず
またまた移動してカワセミの声がするほうに行った。
でも対岸で遠すぎ…いつも近くで見ている私には何とも空しい程。

9028.jpg

人工物で絵にならないから今日は、ピクセル等倍

9069.jpg

ミサゴ君、きょうは、空に向かって何か云ってたよ~
スポンサーサイト
ミサゴ(初見初撮り)
朝は「今日も、ヤマセミィ~♪」
なんて思ってルンルンだった。
家を出たのが、7時過ぎで…きょうは、午前中から出かける事が出来た。本日も晴天なり~
川には誰もいなかった。まだ夜露で草が濡れていた。
薄手のジャンパーを着ていて丁度いい。
8950.jpg

この鳥さんは、首を右に左に動かすので(何ダンスだったか忘れたけど)
見ているとほんとに面白い。
_9000.jpg

たぶん、ミサゴだと思うけど、でっかいし川に飛び込む時は
迫力がある。

ヤマセミさんの森が近づくと
「うむ?何かいる…誰だろ(何の鳥)遠目でもかなり大きい。」
あっ、昨日私を驚かせたあの鳥さんだった。
早速パチパチ写真を撮ってから、ゆっくりと近づくと逃げてしまった。
テントを張る場所を考えていた時だった、
下流からヤマセミさん~
早すぎる~~~
もちろん、ヤマセミさんも私に気づき即座に飛んでいってしまった。
それからぐんぐんと気温が上がり、背中が暑かった。
堰の滝を流れる轟音だけが響く。何だか孤独だった…
やがて、太陽が背中から頬に移動したあたりで
ようやく重い腰を上げた。
時間は、4時を回っていた。
こんなにヤマセミさんを待つなんて自分でも信じられなかった。
あのミサゴさんは、ずぅ~~と高い木の上からあたりを見渡していた。
ヤマセミさんのポールにもやって来たから、
それで来なかったのかもしれないなぁ~~
まるで失恋したみたいに淋しい一日だった。
ヤマセミさんもカワセミさんも見ただけに終わった一日だった。

8987.jpg

遠いのに大きいせいか近くに感じた。
きょうもヤマセミさん~♪
午後から昨日行った川へ…
テントの周りの草を刈り?(花バサミで切っただけ^_^;)
昨日よりちょっとだけ前にテントを張った。
一番に現れたのが、昨日と同じカワガラスさん~(鳴き声は楽しい~♪)
続いてセキレイさん~
ダイサギさんにアオサギさん~
このアオサギさんは、テントの横で延々と飛び上がってくる魚を
取っては食べ、食べては取ってを繰り返していた。
「どれだけ、食べれば気がすむのだろ~」
サギが増えると川が確かに危ない…
それから見た事ない大きな鳥さんが目の前にダイブなさった。
これにはビックリ(◎ー◎;)羽が茶色くて体が白っぽかった。
魚をグッと掴むと飛んでいった。
何て鳥さんだろう~凄すぎた~
写真なんか撮れない。アプシーは凄すぎると固まる。
_8816.jpg

8844.jpg

この子は、雛かしら…


ヤマセミさんは、昨日と違って待っても待ってもなかなか現れず
3時間も待たされた(ってこっちが勝手に待ってるだけぢゃんね~)
それに滞在時間もちょっとだけ~
それでも三回ほど出て来てくれたので嬉しかった。
昨日は4時過ぎてから来たので分からなかったけど
ここは、3時30分前に陽が陰った。
マングローブもどきの森は、すっかり暗くなってしまった。
さて…帰る準備をと思った時、カワセミさんが飛んできた。
目の前の石をカワセミ石と名前をつけたばかりだったので
そこに止まらないかな~と思っていたら、ほんとに止まったよ。
でももう暗かったけどね。
この子にまた会いたいから「あっちゃん」と名づけよぅ~と!

8850.jpg

ここを滑るのが可愛かったよ~
8872.jpg

君の名は、「あっちゃん」あっちゃ~~~~ん!
ヤマセミさん~♪
川に着いたのは、4時を回っていた。
昨年よく通ったヤマセミさんのいる川。
なつかしい大きな石もあったけど河原は台風のせいか
あちこちに水溜りが出来たり、砂浜が出来たりしていた。
ここは、4時を過ぎれば陽は当らない場所。
これじゃ~もしカワセミさんに会えても暗いなぁ~
と思いながらヤマセミさんがよく止まる場所へ移動した。
川が塞き止められ奥にはマングローブのような森が広がっている。
その水面を追いかけっこする様にカワセミさんが飛んでいた。
あまりにも遠い…
8641.jpg


でもテントを張ってちょっと待ってみようと思った。
カメラをセットし終わったと思ったら、目の前にヤマセミさん~
いきなりヤマセミさんです。ニタッ~
心臓がバクバクして手に伝わってカメラが震えた。
どうしてヤマセミさんを見るとこうなんだろう…
この興奮って何なんだ?
う~ん、救心でも飲んだほうがいいかもね~。
それから、ヤマセミさんは、ダイブしたりまったりしたり
あっち向いたりこっち向いたり…一時間もいらっしゃった。
主婦の私は帰らないと…と思ったけどヤマセミさんは、帰る気配がなく…
でも今テントをたたむ訳にはいかない。
ヤマセミさんをびっくりさせてしまってテントへの恐怖を植えつけてしまったら
ヤマセミさんを始め、全国ヤマセミさんファンに申し訳がたたない…(笑)
そんな事を思っていたら、下流へと飛んで行った。
遠くて小さいけどヤマセミさんに久しぶりに会えてラッキーだった(^^♪
8739.jpg

トビモノは、相変らず見れませんでした^_^;

すぐ近くでカワセミさんの鳴き声がしていたのに
テントの中から発見できず残念だった。
8543.jpg

この子は、昨日撮ったスバル君~
午後の陽射し~
「やっぱり、カワセミさんに会いに行こう~」
って決めたのが、2時を回った頃。
あんまり時間がないけどO川添いを走った。

上流から小さな鳴き声が聞こえる~
そぉ~とお邪魔してみたけど姿は見えなかった。
諦めて移動しようとしたら、下流からスバル君が飛んできた。
「あ~逆光ぢゃん(>_<)」
でも陽はほとんど指していなかった…
何枚も撮ったけど何しろ蚊に刺された所が熱くなるほどに痒い。
掻いているとスバル君に逃げられてしまった。
何故かちょっと目を離すと飛んでいく…いつもの事だけど…

8477.jpg

柔らかな逆光だった…

8506.jpg

お魚さんを二匹くらい食べた後~
しばしの休憩~♪
それから、川にほとんど陽が差さなくなってしまった。
雛子ちゃん~
「生きていて良かったぁ~」と思えるくらいの
爽やかなお天気です。(ってオーバーかな?)
午後の陽射しの素敵な事。
庭の蜘蛛の巣までキラキラ輝いてます~
_8382.jpg



きょうは、朝仕事をして
それから3時間程、私の時間が持てそうなので
先日行こうとして行けなかった金魚屋さんのカワセミさんに
会いに行った。
A氏から情報を貰っていたのでずっと気になっていた。
地図を忘れ、ちょっとだけ迷った。何しろ猶予は3時間だけ~
往復買い物時間を入れると2時間しかない。
何とか着いたら、そこの主さんが通られ、挨拶をした。
「あの~カワセミさん、いますか…?」と聞いたら
「ああ、おりますよ~」
とまるで飼ってるみたいなノリだった。感じのいい人で良かった。
20分くらい待っていたら、カワセミさんは鳴きながら現れた。
すっごい元気がいい。特に体をよく伸ばすカワセミさんだった。
ハスの花が二つ程、咲いていて萎れた方に止まった^_^;
足の色がちょっとまだ黒っぽい所があるから雛ちゃんだ!
雛子ちゃんだった。
いつも川で見てるから瓦とか止まるとおかしかった。
3回ダイブしたけど、お魚さんは、取れなかった。
去年、びしょ濡れになってもなかなかお魚さんが取れなかった
ラヴちゃんを思い出した。

8397.jpg

背景が屋根なので思い切りトリミング~♪
山と川と・・・
爽やかな秋晴れの日~
でも私は仕事だった。
12時30分仕事を終え、ランチは近くの山で食べましょう~
と言う訳で、車を走らせ緑○センターへと向かった。
エナガさんとヤマガラさんに会った。
ヤマガラさんは、覗きこむように私を見て
ほんとに好奇心の強い子で可愛かった。

8230.jpg

「あんた、誰?」って感じだった。


8335.jpg

きのうと同じ枝に…
台風で折れた枝。

午後から美容院の予約を入れていたので
山から下り、美容院でウトウト。
昨日会ったジュリちゃんの事が頭をよぎり
夕方、ちょっと川へ向かった。
相変らず、子ども達が網を持って川に入っている。
その側に何とスバル、距離にして2メートルもない。
私はカワセミさんを見ないようにして子ども達の関心がカワセミさんに向かないようにしたけど
長い網を持ってる子もいたので気が気ではなかった。
スバル君は、人を怖がらないのでそれが心配でならない。
最近、子ども達に注意する大人はいなくなったけど
もしカワセミさんを捕まえようなんて事したら、私はものすっごく怒るからね!イカルのよ~

_8278.jpg

これまたボケボケ~^_^;努力だけは買いましょうか…がっくり~
現実
昨日は、久しぶりにカワセミさんをたくさん撮ったので
きょうは、ゆっくりと眺めよっかなぁ・・・なんて思っていた。
所が、DVDに保存したはずのファイルがない!?
検索をかけても見つからない・・・
確かにDVDは、保存後出て来たのに。
その時、既にカードはPC上で消した後だった。
こんなにガッカリするものだろうか・・・力が抜けた~
いい写真はないけど昨日の瞬間がもうない・・・そう思ったら悲しくなって凹んでしまった。
でも復旧のソフトがあるそうで(デジタルフォト三昧の中のデータサルベージャー)
それを教えてもらって感激した。と単純な私だけど暇な時にチャレンジしてみよう~
明日の仕事の準備があるけど、そんな事云ってられない!もしもの時に(ってどんなもしもかな?)
備えて写真を撮りに行かなくちゃ~と思って出かけた。
きょうも三時を回っていて時間がない。
焦っているのに下流まで行ってみた。
中流のカワセミさんも下流のカワセミさんもちょっとでも人の気配を感じると
逃げ出してしまう。絶対に撮れないような気がした。
カワセミさんにとって警戒心は、生きていく上で絶対に必要だけどちょっとは、
人を見て欲しいなぁ~
なんてバカな事を思ったりした。
もう諦めていつもの場所に戻るとスバル君がいた。こっちを向いても逃げる事はない。

_8104.jpg

「本日もまったり~なり~」とくつろぐスバル君。

いつの間にか生まれた信頼関係。
きっと雨の日も風の日もそして嵐の日も通ってるocarinaさんの気持ちが通じているのだと思った。
今、ゆっくりと撮らして下さるのは、スバル君しかいないと思った。
私の様な下手な鳥撮りにも付き合ってもらえると思うと、敬意を表したい。
ほんとスバル君には鯛でも届けたい気分だった。
夕方の川はあっという間に日が差さなくなってしまう。
ずい分、日が短くなったんだなぁ~
スバル君を見ていたら、どこからか「チィーチィ~、チィーチィ~」と鳴き声がした。
飛んできたのは、何とジュリちゃんだった。一目で分かった。
でも体の色が変わるほど、ボロボロで可哀想で当分ボロボロ涙を流してしまった。
彼女の子育ての大変さが、伝わってくる。
自分より大きく育て上げたカワセミかあさんのジュリちゃん。
あの華麗なジュリちゃんは、哀れな姿となって現実の厳しさ、生きる事の辛さを見せて
くれているようで、何とも切なかった。
写真は出せないのでジュリちゃんを見守ってきた仲間二人には、メールで送ろうと思った。
ただ、スバル君にやかましく言ってるジュリちゃんは、健在だった。


_8168.jpg


8136.jpg

台風で・・・
「やっぱり、川へ行こう~」と決心した時は、ゆうに三時を
回っていた。
やっと川に着いたのは、4時前。
「カワセミさんに会えないかもしれないなぁ~」
と思いながら川に目をやると
私の腕より太い木の枝がバッサリと折れていた。
それにあちこち折れた木が散らばっている。
台風13号は、ここにも爪あとを残していた。
カワセミさんは、大丈夫だったろうか…不安がよぎった。
どこで雨風をしのいだのだろう…
じっとただ耐え続けていたにちがいない。
ちょっとの風でも飛びそうな小っちゃな体で大変だったろう…
カワセミさんの声がしないのを、心配しながら待っていた。
辺りを見回していたら目の前にちゃんといるじゃないの~~~

7961.jpg

カワセミさんは、逞しかった。
折れた木にちゃっかり止まって、まったりとしていた。
いつもの様にこっちを見てくれた。

8056.jpg

目の前でホバを一度してくれたのに
撮る事が出来なかった~ほんと情けない…
でも会えたからね~行って良かった~!(^^)!
下手な鉄砲は・・・
午後から川へ行った。
いつの間にかすっかり秋の気配で歩くと
バッタが羽を鳴らして飛ぶ。
下流へと向かったけどカワセミさんは、飛ぶのを見ただけ~
飛んでるのなんか撮れやしない…
ぼぅ~と見ている私だった…^_^;
7769.jpg

ホバを披露してくれたのに、シャッターが下りなかった^_^;
やっと撮れたと思ったら、かろうじて端っこに入ってた。

7814.jpg

下手な鉄砲は数打っても当らない…
どれもブレブレ~
国道を走る車で練習した成果はなかった(>_<)

7819.jpg

きょうもよく歩いたなぁ~
きょうも雨~
きょうもシトシト雨が降ってる…
それに何だか寒いし…暗いし…カワセミさん達、元気にしてるだろうか…
と友人からカワセミ情報をもらったので
雨の中出掛けてみた。
そこは、我が家から12、3分で行く事が出来た。
ただ川が広すぎる。余り広い所で撮る事がないから
川を見てると自殺したい人の気分になりそうで吸い込まれそうだった。
カワセミさんにとって、飛ぶ事は何でもない事かもしれないけど
すごい事なんだと改めて思った。
「カワセミちゃん、エライ!」と云いたかったけど
どこからも飛んできてくれなかったよ…^_^;
さみし~~~い!

DSC_7678.jpg

7日に撮った情けない写真だけど…スバル君かなぁ~
午後のカワセミさん~♪
市内からの帰り、
ちょっと川を覗いてみることにした~(^^♪へへへ…
対岸の石の上にカワセミさんがいるではありませんか~
こっれは、もう行くっきゃない!てな訳で急いで準備をした私。
私が川に行った時にはもうカワセミさんは、どこかへ飛んで行っていた(>_<)
午後だもの…あんまり期待出来ない。
秋風を楽しむつもりで腰を下ろした。
まあ~~~~暑い!午後からの陽射しは強烈だった。
そんな暑い中カワセミさんご登場~二羽も…
何だか、今年生まれた子の様な気がしたけど
違うのかな~鳴き方が確かに違っていたよ…

7702.jpg

これは、いつもの中州の枝~
かなり遠かった^_^;

7706.jpg

トビモノは、やっぱり上手くはいかないなぁ~

7731.jpg

僅かな鳥撮りだったけど会えて嬉しかった(^_-)-☆
迷った鳥撮り~!?
カワセミ情報をもらったので
昨日出かけてみようと思ったのに
急遽仕事が入って行けなかった。
今日こそと向かいながら
朝の空は
「うむ?ホバ日和ぢゃん!」
で…いつもの川にユーターンして行った。
朝全く日の当らない木にスバル君発見~♪
「ここは、撮れないのよね~」と思いながら
すっごい枚数を撮った^_^;
7575.jpg

撮りながら一度転んでしまった~
道路を歩きながら近づいていて後ろから来た自転車の人に
怒鳴られた~^_^;
もちろん、私が悪い…道路は端を歩きましょう~(反省です)

7533.jpg

たくさん、トビモノは撮ったのにほとんど捨てた(>_<)

7571.jpg

これは、ホバではなくて中州から飛び出したところ
だいぶ、綺麗になったと思っていたスバル君の羽も
開いてみると抜けている所が…悲しい…

7565.jpg

ヤマガラさん~♪
7317.jpg

仕事の帰り、東区の山へ行った。
この前行った時、山の中の池でカワセミさんに会ったから
もう一度会いたくて寄ってみた。
やっぱり、カワセミさんはいました~♪
でもちょっと足音を聞いただけですぐに逃げてしまう。
写真に撮る事なんて、無理そ~^_^;
でも二度も見たのでそれだけでも「いっかぁ~」
なんて思いながら仕方なく山を下りていると
「ビービービー」とヤマガラさんの声~♪
エゴノキの下で何やら木の実のようなものを咥えては
飛んで行ってた~
久しぶりにうんと近くでヤマガラさんを見た。
_7329.jpg

陽のあたらない山の中だった。
暗くてピントがなかなか合わなかった。
7365.jpg

雛なのか、それとも仲間を呼んでるのだろうか…
7413.jpg

いい所に来てくれたのに…
「こっち向いて~」と心の中で叫んだよ~
残暑~
D7256.jpg

この子が撮りたくて川に来たわけではないんだけどねぇ~^_^;

D7247.jpg

またまた、小っちゃ~い^_^;
でもでもカワセミさんだから…
よく見えないでしょ…?実は、女の子。
お腹が白いのが気になるわ~
鳥撮りデビューって!?
本日、主人が鳥撮りデビューした!?
まさか、夫が鳥の写真を撮るなんて夢にも思わなかったし
一番驚いているのは主人かもしれない…
コサギ、ダイサギ、カモさんを撮っていたけど
カワセミさんも近くで見てシャッターを切っていた。
鳥を待っていたら、いきなり水に飛び込んで来た鳥がいて
ビックリしたと云っていた。
「あ~それ、カワセミさんぢゃん!」
ただ、木の陰で真っ黒でどうにもならなかったみたいだけど…
7093.jpg

朝の風景~♪

7088.jpg

スバル君の飛び出し~♪

7118.jpg

ロミオ君のテリトリーにいた子~♪
でもロミオ君ではないと思った。
今年生まれた子だろうか…
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。