~買い物鳥撮り~
アプシーは、鳥を愛する者としてフィールドマナーを守って撮影したいと思います!「いつも鳥さんありがとう」を忘れません。※特別な場合を除き、鳥の餌付けに反対します!
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショッキングな出来事・・・
DSC_9939.jpg
お山の可愛い子ちゃんの姿が見えません。
時間の許す限り一昨日、昨日、今日とそれぞれ3時間近く待っても
営巣場所にやって来ない…
鳴き声すら聞こえない。
交尾のビデオを撮ったのが先月の9日だからもう間もなく巣立ちのはず。
そこを管理しておられる人の話では、カケスがその辺りをうろついていたので
やられたのだろうとの事。
カケスは明け方、小鳥を襲うと言われました。
巣穴の前で無事を祈って帰りました。

我が家のシジュウカラさんの可愛い雛達の声に癒され、ふと庭を見ると
何とそこに雛が二羽!
「ええっ?もう巣立ちなの?」と大慌てでカメラを準備しました。
親鳥達が大きな声で鳴いてるのは、きっとまだ巣の中にいる雛達を呼んでるのだろう…
とばかり思っていました。
「あっ出てきた!」と思ってシャッターを切った瞬間、体が凍りつきました。
巣箱から顔を出したのは、何と蛇だったのです!
私は、たぶん凄い声で叫んだんだと思います。
巣箱の下を開け、側にあった棒で蛇を追い出し叩きつけてしまったのです。
ガーデンテーブルの模様の穴に蛇は突っ込みました。
雛を食べていてお腹が膨らんでいて動けなくなっています。
私は、蛇をたぶん二回くらい叩いてしまったのできっと殺してしまったと思って
どうしてよいか分かりませんでした。
でも幸い蛇は生きていました。

騒ぎに駆けつけて来て下さった近所のおじさんは、蛇が動くと
「うわっ!」と言って尻ごみしてあちこち電話をしていました。
毒蛇だから近づけないとか云ってましたが、どう見てもそれは、青大将か縞蛇。
結局、前の家の若いお兄さんが切れないように細工した高枝ハサミで道路へ逃がしました。
「蛇の命も鳥の命も一緒でそれが自然の姿だからしょうがない。
奥さんが鳥が好きでも鳥がいるのは、そう言う事ですよ」と言われました。
確かに…その通りです。返す言葉もありません(T_T)

小鳥達の多くは、天敵達の餌になり、それは自然界のルールだから仕方ない。
きっとあちこちに掛けてある巣箱でそれは日常茶飯事なんだろうなって思いました。
その中で強く、運のいいものだけが命をつないでゆく。
でもいざ目の当たりにするとショックが大きすぎました…
私はいけない事をしてしまいました。(蛇をたたいた事)
ガーデンテーブルに挟まった蛇の近くに親鳥が来た時は、子を思う親の愛に
涙が出ました。
命がけで子を守ろうとしたシジュウカラさんは、立派過ぎてとても大きく見えました。

まだ飛べない雛ちゃんは、ベランダの下に一羽。
木の根元に一羽。
よく見える所に一羽。
そしてもう一羽は、犬の水入れの中で踏ん張って立っていました。
一羽は、血だらけでした。
小さな命を抱きながら巣箱へ戻そうとすると、どの子も入るのを抵抗しました。
兄弟が蛇に丸のみされる所を見た子たちのショックは、相当なものだったのでしょう。
もう蛇が登って来ないように工夫したけど、とても心配でなりません。
後もう少しで巣立ち。折角、縁あって我が家に来てくれたシジュウカラさん
どうか無事に巣立って欲しいと神様にお願いしました。

ブログには、なるべく心のああの、こうのは書かないようにしてるけど
今日は、どうしても誰かに話したくて我慢出来なかった弱い私です。
DSC_0032_20090620200236.jpg

スポンサーサイト
シジュウカラさん
DSC_0009_20090618221625.jpg
我が家のシジュウカラさん
ただ今、子育て真っ最中です。
長い間、待ち望んでいた巣箱に初めて来てくれた夫婦。
ようこそ我が家へ・・・
狭い庭なのに我が家を選んでくれたのも何かの縁。
有難くて、嬉しくて、もったいない気がします。
可愛い雛の声が賑やかに聞こえますよ。
もう間もなく巣立ちのようです。

一度目は、ガレージのブロックの壁の穴に営巣してましたけどね。
雛の巣立ちを初めて見る事が出来ました。
DSC_0065.jpg
主人の部屋から布団にくるまって写真を撮っています。
シジュウカラさんの子育ては、いろんな事、教えられますよ。
虫や蜘蛛をよくもまあ、次から次へと取ってこれるものだと感心しています。
巣箱の前で餌を持って来た夫婦、互いを見て・・・羽を震わせ喜びあいます。
もうすっかり忘れてしまった思いやり、教えてくれました(笑)
写真を撮るのは・・・ためらいもあったのですけどね、このけな気な姿を見てもらいたくて
載せました。
途中で斜めになった巣箱を直し、向きを変えた私でした。営巣放棄するのではないかと
心配で悩んでいた時、日本野鳥の会の方たちのアドバイスを頂きほんとうにありがとうございました。


何の芸もなく・・・
テントの中に蜂が入って来て
まあ~怖かったのなんのって・・・(^^ゞ
以前、テントの中にヤマカカシが入って来た時は、テントごと倒れてしまったけど
今回は、テントのファスナーを震えながら下ろし這って外に出ましたよ。
カワちゃん目の前でした。
蜂があんなに鳴くものだとは知らなかった・・・そのブンブンがたまらなく怖かった。
DSC_9876.jpg
カワちゃん何だかやつれたね~
子育てで疲れてるんでしょ

DSC_9894.jpg
どれも似たような変わり映えのしない何の変化もないものばかりでした。
まだ双眼鏡で見ていた方が良かったかもね(^^ゞ
クロツグミ
午後のまったり時間ではアカショウビンさんも鳴いてはくれませんね。
かすかに「キョロロ・・・・」とだけ。
DSC_9790.jpg
諦めて山を下りていたらクロツグミさん。


DSC_9797_20090611231216.jpg
ブナの森に響き渡るクロツグミさんの声。
地面にいるところしか見た事なかったのでちょっと感激でしたよ。

DSC_9829.jpg
君は、アカショウビンさんの住所知ってるでしょ!教えなさい!
鳥模様・・・?
DSC_9639.jpg
テントを張って間もなく登場したのは、♂カワセミでした。
餌を取るでもなくただ上空を警戒しているのかすぐ飛び去ってしまいました。
この子は、どうも先輩カワセミではなく、あの田舎の可愛い子ちゃんのように思えてなりません。

DSC_9682.jpg
今は、パパになったはずの田舎の可愛い子ちゃんが去った後、来てくれたのが
カワ雛ちゃんです。
ようこそ~君は、ほんとに可愛いね(^-^)

DSC_9689.jpg
お魚を狙ってるような狙ってないような・・・


DSC_9691.jpg
お腹がいっぱいなのか空腹なのか・・・分かりませんでした。

DSC_9712.jpg
今度は、♀カワセミさん登場。
うむ?この奥方は、先輩カワセミさんまたは、田舎の可愛い子ちゃんの奥さんでしょうか?

DSC_9728.jpg
ビックリ~給餌用にお魚を咥えています。
と言う事は・・・先輩カワセミさんの雛ちゃんは、GW明けに巣立ってるので
この奥方は、下流の田舎の可愛い子ちゃんの奥様です。
昨日、雛を追い回していたのは、この下流のママだったのですね~
では・・・今から田舎の可愛い子ちゃんちは、雛が生まれるってことになります。ドキッ


DSC_9732.jpg
お魚を咥えて飛んで行きました。

川の水量がどんどん減り干上がってしまいそうなのが心配です。

今日、雛ちゃんは、二羽いました。
この子たちは、先輩カワセミさんちの子供たちです。


Deer鹿だよ。
川に着いたのは、8時前。
早いでしょ、主婦にとっては…だけどね(^^ゞ
今日こそゆっくりカワちゃん撮りたくてテント張りました。
まだここは、影ですから肌寒いくらいでしたよ。
DSC_9548.jpg
現れたのは、鹿でした!?
それもごく普通に当り前のようにゆっくりと・・・


DSC_9557_20090601182433.jpg
近所の人からよく鹿が鳴いている・・・と聞いた事あるけど
ほんとは、身近な動物なのかもしれませんね~
川の水量が減ってるから歩いて川を渡って行きましたよ。


DSC_9561.jpg
母翡翠さんです。今朝も雛を追いかけていました。
「ビュ~ン、ビューン」って・・・撮れる訳ないよね~アプシーに(^^ゞ


DSC_9581.jpg
久しぶりに見る先輩カワセミさん。
相変わらず姿勢がよろしい様で。


DSC_9587.jpg
いいお顔しています。


DSC_9601.jpg
と思ったら、こんなんなっちゃった(^^ゞ


DSC_9603.jpg
プレゼントした枝を一通り停まると全く出て来てくれなくなりました。

DSC_9629.jpg
雛ちゃんは・・・というと遥か遠くでダイブしていましたよ。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。